Blog&column
ブログ・コラム

ジャーマンとフレンチの違いとは

query_builder 2023/05/22
コラム
20
コントラバスで使用するは、ドイツ発祥のジャーマンとフランス発祥のフレンチの2種類が存在します。
日本ではジャーマンが一般的ですので、意識せずに使用している方も多くいらっしゃます。
では、この2種類にはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、ジャーマンとフレンチの違いについてわかりやすくご紹介いたします。
▼ジャーマンとフレンチの違い
の持ち方
ジャーマンは下からすくうように持ち、手の甲が前にくるのが基本です。
一方でフレンチはU字部分を覆うように持ち、親指を若干曲げて手の甲が後ろにくる持ち方が基本です。
一般的な持ち方はありますが、さらに細かい持ち方で分けると数種類に分かれます。
また所属する楽団によって持ち方が異なる場合がありますが、どのような持ち方も無駄な力を入れず優しく持つことがポイントです。
■値段
ジャーマンと比較して、フレンチは値段が高い傾向にあります。
その理由として、日本での利用者が少ないという点が挙げられるでしょう。
■音色
ジャーマンは力強い音が出やすく、ジャーマンは優しい音が出やすいとされています。
しかし、慣れてしまえばそれほど差を感じない方もいらっしゃいます。
■演奏中の見た目
の持ち方に違いがあるため、演奏中の見た目も変わります。
▼まとめ
コントラバスで使用するは、ジャーマンとフレンチの2種類です。
の持ち方・値段・音色・演奏中の見た目など、それぞれに違いが挙げられます。
また日本では、ジャーマンが一般的ですがフレンチを選択する方も増えてきています。
選ばれる際は、好みや相性で決めると良いでしょう。
東京都葛飾区にある『ベースランド』は、オーダーメイドの依頼・試演の要望にお応えしております。
きめ細やかな修理やお悩みに対して、真摯に対応してまいります。



NEW

CATEGORY

ARCHIVE